このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップお知らせ> 第163回芥川賞・直木賞が決定しました。

第163回芥川賞・直木賞が決定しました。

第163回芥川賞・直木賞が決定しました。

第163回(2020年上半期)芥川賞・直木賞が発表されました。

芥川賞は高山羽根子さんの「首里の馬」と遠野遥さんの「破局」、直木賞は馳星周さんの「少年と犬」です。
受賞作は、芥川賞は「文藝春秋9月号」に全文が、直木賞は「オール讀物 9月号」に一部が、それぞれ掲載されます。
当館では受賞作・候補作をすべて所蔵しています。受賞作だけではなく候補作にも目を向けてみてはいかがでしょうか。
また、過去の受賞作も多数所蔵しております。書庫に収蔵されているものもありますので、どうぞお気軽にお声がけください。

<芥川賞候補作>
※単行本の刊行が予定されているタイトルもありますので、単行本をご希望の方は窓口に「予約・リクエスト用紙」をお出しください。

石原燃「赤い砂を蹴る」文學界6月号
          『赤い砂を蹴る』文藝春秋
岡本学「アウア・エイジ(Our Age)」群像2月号
『アウア・エイジ』講談社(7/31刊行予定)
高山羽根子「首里の馬」新潮3月号
           『首里の馬』新潮社
(7月30日刊行予定)
遠野遥「破局」文藝夏季号
           『破局』
河出書房新社
三木三奈「アキちゃん」文學界5月号


<直木賞候補作>

伊吹有喜『雲を紡ぐ』文藝春秋
今村翔吾『じんかん』講談社
澤田瞳子『稚児桜  能楽ものがたり』淡交社
遠田潤子『銀花の蔵』新潮社
〇馳星周『少年と犬』文藝春秋


掲載日 令和2年7月15日 更新日 令和2年7月15日
【アクセス数