このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップお知らせ> 【公募型プロポーザル】質問書に対する回答【6月4日更新】

【公募型プロポーザル】質問書に対する回答【6月4日更新】

質問書に対する回答について

公募型プロポーザルにおける質問書の回答について以下のとおりとなります。
このページは随時更新いたします。
質問項目が多いため、以下のとおり回答日ごとの回答をPDFファイルとして添付します。
項目の内容の都合上HPと回答順が異なりますのでご了承ください。
pdf5月14日回答(pdf 448 KB)
pdf5月28日回答(pdf 933 KB)
    pdfネットワーク構成図(案)(pdf 319 KB)
pdf6月4日回答(pdf 1.00 MB)
    pdf高崎市情報セキュリティポリシー第六版(pdf 512 KB)
 

1.連携機器について

記載箇所

基本仕様書P.8  5-8(1)自動出納書庫

質問内容

「金剛株式会社」と連携して構築を行うこととありますが、連携仕様書に関して問い合わせを行ったところ、高崎市様より提示いただくようご指示いただきました。
自動出納書庫の連携仕様書をいただければと思います。

回答(5/14回答)

以下のファイルのとおりとなります。
pdf自動書庫インターフェース仕様書(pdf 1.07 MB)
 

記載箇所

基本仕様書P.8  5-8 各周辺システムとの連携に関して  (2)自動返却仕分機

質問内容

現在利用している機器と連携することとあるのですが、「P.4機器構成」、「機器仕様書P17 5-(8)」には調達範囲として記載されているように見受けられます。

自動返却仕分機は調達が必須なのでしょうか。

回答(5/28回答)

提案では自動返却仕分機の調達は必須としますが、契約時に自動返却仕分機を継続使用する可能性があることを想定しています。
 

2.バックアップ管理サーバについて

記載箇所

機器仕様書P.4  1-(3)バックアップ管理サーバ

質問内容

バックアップ管理サーバとありますが、正常にバックアップをとれる構成であればバックアップ管理サーバではなくNASを使用したバックアップ構成でよろしいでしょうか?

回答(5/14回答)

機器仕様書と同等の機能をもっていればNASでも可とします。
 

3.仮想ホストサーバについて

記載箇所

機器仕様書P.2  1-(1) 仮想ホストサーバ

質問内容

「内臓ハードディスク装置RAID 構成とし、RAID グループを3グループ以上有することRAID グループあたり600GB 以上の容量を有すること」という記載がありますが、共用ストレージ側でもRAID構成を組むため仮想ホストサーバ側ではRAIDグループを1つとしても問題ないのではないかと考えています。

こちらの記載は機器の仕様としてRAIDの構成を3種類以上組めるものであることを指定したものであり、実際の構成として仮想ホストサーバはRAIDグループを1つで構築しても問題ないでしょうか。

回答(5/28回答)

可とします。
 

4.セキュリティ対策について

記載箇所

機器仕様書P.5  1-(4) サーバ関連ソフトウェア

質問内容

サーバ関連ソフトウェアとしてVMware vSphere 6が指定されていますが、サポート期限の観点からVMware vSphere 7を選定してもよいでしょうか。また、ウイルスバスターのライセンスは高崎市様でご準備いただける認識でよろしいでしょうか。

回答(5/28回答)

可とします。ウイルスバスターのライセンスは、業務用ネットワークの端末については高崎市が用意しますが、インターネット端末および課金用端末に関連する14ライセンスについては提案してください。
 

記載箇所

基本仕様書P.5  4-3 ソフトウェア

質問内容

「※「8. ウイルス対策ソフト」は本市の情報政策課にて用意します 。」 とありますが、具体的な製品名をご教示頂けますでしょうか。

回答(5/28回答)

ウイルスバスターコーポレートエディションとなります。
 

記載箇所

基本仕様書  P5  4-3.

質問内容

「8.ウイルス対策ソフト」は本市の情報政策課にて用意とありますが、サーバ機分を含めて全て用意いただける認識でよろしいでしょうか。

回答(6/4回答)

サーバーのセキュリティについては別途提案してください。ウイルスバスターのライセンスは、業務用ネットワークの端末については高崎市が用意しますが、インターネット端末および課金用端末に関連する14ライセンスについては提案してください。
 

記載箇所

基本仕様書P.10 6-1 セキュリティ管理の基本的な考え方(1)

質問内容

高崎市情報セキュリティポリシーに関する資料を提供頂けますでしょうか。

回答(6/4回答)

pdf高崎市情報セキュリティポリシー第六版(pdf 512 KB)
 

記載箇所

基本仕様書P.10 6-2 求められるセキュリティ対策(8)(9)

質問内容

法人番号の違う第三者機関での監査報告とありますが、自社のセキュリティ監査サービス利用での提案でもよいでしょうか。
弊社の監査サービスは事業として独立しており、実施する内容についても他のご利用者様に提供するもと同じものとなっております。

回答(6/4回答)

法人番号の違う第三者機関で行ってください。
 

5.システムネットワークについて

記載箇所

機器仕様書P.19  6‐(1) ルータ

質問内容

ルータを3台、ファイアウォールを1台ご用意するような指定がされていますが、現行システムの構成としては公示いただいた【別紙】システムネットワーク構成図(案)のどこの部分に前述の4台が設置されているのか、各機器の用途や接続している回線の説明と併せて教えていただきたいです。設置個所については、【別紙】システムネットワーク構成図(案)にも詳細を追記していただきたいです。

回答(5/28回答)

ルータはそれぞれ、業務系ネットワークがインターネットに接続するためのもの、インターネット端末と商用データベース端末がインターネットに接続するためのものに加え予備機が1台となります。ファイアウォールは業務用ネットワークがインターネットに接続する線に接続されています。
pdfシステムネットワーク構成図(案)(pdf 319 KB)
 

記載箇所

【別紙】システムネットワーク構成図(案)

質問内容

システムネットワーク構成図(案)では、商用データベース端末とインターネット端末は個別回線でインターネットにアクセスされているように記載されています。

こちらの回線は一般的な回線契約を高崎市様にてご準備いただいており、受託者はこの回線に接続する端末を構築するという想定でよいでしょうか。

また、上記2台が他の端末やサーバとは別の回線契約となっている理由があれば、教えていただきたいです。

回答(5/28回答)

インターネット端末および商用データベース端末は高崎市立図書館で契約している個別回線を使用することができます。別の回線となっているのはセキュリティの都合上、インターネット端末のネットワークと業務用端末のネットワークを物理的に分離するためとなります。

 

記載箇所

【別紙】システムネットワーク構成図(案)

質問内容

【別紙】システムネットワーク構成図(案)で記載されている高崎市VPNネットワークと中央図書館および地域館・公民館図書室・駅SCとを接続するためのルータ機器や設定作業は、本調達には含まれないという認識で相違ないでしょうか。

回答(5/28回答)

高崎市VPNネットワークに関するルータ機器や設定は高崎市が行います。

 

記載箇所

基本仕様書P.5  5.図書システムに求める機能について  5-1.基本要件

質問内容

基本的にはオンプレミス方式で、ホームページ管理はクラウド方式とすることとありますが、提案させていただく図書館システムはオンプレミスを絶対とし、ホームページのみオンプレミス形式かクラウド形式かを選択できる、という理解でよろしいでしょうか。

回答(5/28回答)

図書館システムはオンプレミス方式で、ホームページはクラウド方式で提案してください。


 

記載箇所

基本仕様書P.19  8.システム運用・保守について  8-1.システム運用支援

質問内容

リモート保守に関連した記載がありますが、リモート保守用の回線は受託者で契約する必要があるという認識で間違いないでしょうか。また、その回線は【別紙】システムネットワーク構成図(案)のどこに引かれる想定でしょうか。商用データベース端末やインターネット端末の回線とは別の回線をリモート保守で使用しているのであれば、その理由も含めて教えていただきたいです。

また、別途受託者にて回線を用意する場合には通常の回線を用意し、ファイアウォール機器を通してVPN接続をするような構成でご提案しても問題ないでしょうか。

回答(5/28回答)

リモート保守の回線は受託者の契約とします。

商用データベース端末やインターネット端末とは別の回線を使用しているのはセキュリティの都合です。

リモート保守の回線については、高崎市立図書館の許可のある場合のみ接続することが可能な状態としてください。(現行は使用時のみLANケーブルを接続することによって制限をしています。)
pdfシステムネットワーク構成図(案)(pdf 319 KB)
 

記載箇所

基本仕様書  P. 19  8  1 システム運用支援(10)

質問内容

リモートメンテナンスの仕組みのために、保守専用回線の導入が必要でしょうか。またはインターネットからの接続方法での提案もよろしいでしょうか。可能であれば現在のリモートメンテナンスの方式をご教示ください。

回答(6/4回答)

現在は必要に応じて保守専用回線を接続し、保守を行っています。また、保守専用回線はシステム業者以外からの接続ができないよう対策された状態となっております。セキュリティが担保できる状態での提案をお願いしますが、リモート保守の回線については高崎市立図書館の許可のある場合のみ接続することが可能な状態としてください。
 

記載箇所

基本仕様書P.6 5-3 ネットワーク要件

質問内容

各地域館を結ぶネットワークの変更(10→100M)とあるのですが、現在のネットワーク契約内容を変更されるという理解でよろしいでしょうか。
また現在の契約内容(サービス名、費用)についてご教示ください。

回答(6/4回答)

契約内容の変更となります。
契約についてはビジネスイーサワイドを使用し、金額については全6館分合計で初期費用12,000円および年間費用1,800,000円となる予定です。
 

記載箇所

基本仕様書P6  5-3.  (3)

質問内容

回線契約の変更は理解いたしましたが、提案価格に含める作業範囲をご教示ください。

回答(6/4回答)

機器等の変更はありません。契約についてはビジネスイーサワイドを使用し、金額については全6館分合計で初期費用12,000円および年間費用1,800,000円となりますので、この金額を提案価格に含めてください。
 

6.審査・採点について

記載箇所

実施要領  P.4  5.参加申込・審査  (2)審査  エ  審査内容

質問内容

審査内容についてですが、一次審査および二次審査の配点内訳を教えていただくことは可能でしょうか。提案点、機能点、価格点、プレゼン点などの内訳や、企画提案書に記載すべき項目ごとの配点があれば教えていただきたいです。

回答(5/28回答)

非公開とします。
 

7.OPACの構成について

記載箇所

基本仕様書P.6  5-2  データベース要件

質問内容

「利用者による操作の都度OPAC用データベースサーバから業務用データベースサーバへと通信するような構成は認めない」の記載部分について、弊社が提案する構成の場合、OPAC用サーバと業務用サーバとで別れておりますが、検索等でOPAC用サーバにアクセスがあった場合、業務用サーバに通信し処理結果をイメージとしてOPAC用サーバに返す構成となっております。

OPAC 用サーバには画像ファイルや HTML等のファイルしか配置されておらず、データベースが置かれていないため、利用者データや蔵書データを持たない構成のため、セキュリティとしては担保された構成となっております。このような構成でも問題無いでしょうか。

回答(5/28回答)

セキュリティが担保されていることを条件に可とします。
 

8.バックアップについて

記載箇所

基本仕様書P.7  5-6  システム信頼性(4

質問内容

バックアップシステムに要する時間は1時間以内とありますが、これは完全バックアップも含むのでしょうか。

バックアップについては業務時間外での所要時間であれば提案可能でしょうか。

回答(5/28回答)

完全バックアップも含めて1時間以内との認識ではありますが、あくまで目安であり、業務に影響を及ぼさない範囲で確実にバックアップを行うことができれば可とします。

 

9.インフラ関連サーバについて

記載箇所

基本仕様書P.9  5-9  インフラ関連サーバに関して  (1)プロキシサーバ

質問内容

このプロキシサーバとは「WEB プロキシサーバ」を指している理解でよろしいでしょうか。

回答(5/28回答)

内部ネットワークからインターネット接続を行う際、高速なアクセスや安全な通信などを確保するための中継サーバという認識をしています。
 

記載箇所

基本仕様書P.9  5-9  インフラ関連サーバに関して  (2)メールサーバ

質問内容

メール、ホームページのドメインを管理するDNSサーバは提案対象外と理解してよろしいでしょうか。

(現在ご利用中のDNSサーバにて対応頂ける認識でおります)

回答(5/28回答)

現行システムと同様に高崎市のDNSサーバを使用することができます。
 

10.Windows Updateについて

記載箇所

基本仕様書P.10  6-2  求められるセキュリティ対策(5

質問内容

市のNWではWSUSサーバを使用してWindows Updateを当てることができない状況とあるのですが、差し支え無ければWSUSサーバが利用できない理由を教えていただけないでしょうか。

回答(5/28回答)

セキュリティの都合上WSUSサーバがWindows Updateのデータをダウンロードすることができないために使用することができません。

 

11.保守契約について

記載箇所

基本仕様書P.19  8-1  システム運用支援(5

質問内容

ハードウェアは延長含む契約期間中、保守が実施できることとありますが、5年契約後にどの程度の延長を想定しておられるのでしょうか。

回答(5/28回答)

基本的には延長は行わない予定ではありますが、契約の都合等で12年の延長をする可能性はあると考えています。
 

記載箇所

基本仕様書P.23 8-3 ハードウェア・ソフトウェア保守内容について(8

質問内容

保守拠点は県内及び近隣地域に置きとありますが、この保守拠点は弊社のパートナー拠点がある場合でもよろしいでしょうか。

回答(5/28回答)

保守を行う上で問題がないことを条件に可とします。

 

12.印刷機について

記載箇所

機器仕様書P.11  3-(3) 印刷機

質問内容

この印刷機とは、具体的にどのようなご利用方法(業務)にて使われるのでしょうか。

可能であれば現在利用されている機器のメーカー、型番をご教示ください。

回答(5/28回答)

申請書等の印刷を目的としています。

現在の機器はリソーRP310となります。
 

13.返却について

記載箇所

機能仕様書3-3

質問内容

返却を完了する前であれば、資料を選択して返却を取消できること。」という記載がありますが、資料を一括で読み込むことが想定されるIC返却を想定した要件という認識でよろしいでしょうか。

回答(6/4回答)

ICおよびバーコード返却ともに一括返却を想定しています。
 

14.内容情報登録について

記載箇所

機能仕様書  6-8

質問内容

「内容情報登録時に、書誌情報に登録されている責任表示をワンクリックで一括登録できること。」という記載がありますが、MARC登録時に自動で書誌情報に登録されている責任表示を抽出し内容情報の責任表示に強制追加する、という動作でもよいでしょうか。またその際、書誌情報側に複数の責任表示が登録されていた場合は251Fの1番目に登録された責任表示のみを対象とし、内容情報として登録すべき責任表示のデータがMARCデータに格納されている場合は責任表示のデータを追加するような動作とする想定でよいでしょうか。

回答(6/4回答)

そのような想定で提案をしてください。
 

15.データクリーニングについて

記載箇所

機能仕様書  6-12

質問内容

「図書館独自注記項目を追加でき、利用者用検索端末、Web-OPACへの公開可否が設定できること。なお、MARCデータクリーニングの際には登録内容を保持すること。」という記載がありますが、データ移行の実施時にデータのクリーニング実施も必須だということでしょうか。その場合は、データクリーニングの詳細な要件をご教示いただきたいです。

回答(6/4回答)

データクリーニングを行いたいとは考えていますが詳細については未定のため、提案に記載する必要はありません。
 

16.期限付別置について

記載箇所

機能仕様書  6-25

質問内容

「特集棚や新着棚に対応するため、一定期間だけ配架を変更し、元の配架に戻す期限付別置が行なえること。」という記載がありますが、複数資料の一時的な配架変更ができ、一定期間経過後に職員様が一括でそれらの配架変更を元通り復元できる機能があればよいでしょうか。

回答(6/4回答)

可とします。
 

17.延滞資料情報レシートについて

記載箇所

帳票集  (2)-4

質問内容

延滞資料情報のレシートですが、こちらは利用者を特定後に貸出資料の一覧を出力し、その中の延滞資料について明確に分かるようなレシートがあればよいのでしょうか。特定した利用者ごとに延滞資料のみを抽出したレシートが別途必要でしょうか。

回答(6/4回答)

特定の利用者の延滞資料のみのレシートを別途印刷可能にしてください。
 

18.研修環境について

記載箇所

基本仕様書  P 14  7  3 操作研修

質問内容

操作研修については、操作研修用のクラウド環境を構築し行う予定としておりますが問題無いでしょうか。その際、利用者情報等の個人情報以外のデータで 環境を構築する想定です。また、現行端末から研修用の環境に接続をすることは可能でしょうか。接続に必要な設定は弊社側で行います。

回答(6/4回答)

クラウド環境であっても運用可能であれば可とします。端末については調整が必要なため、提案時点では研修端末を3台用意する想定をしてください。
 

19.データ返還作業について

記載箇所

基本仕様書  P. 24  9.解約後のデータ返還作業について

質問内容

データ返還作業は「プロポーザル実施要領P .1 (4)」に記載の 5 年後のデータ抽出費用と同様の認識で問題無いでしょうか。

回答(6/4回答)

同様のものとなります。
 

20.サーバラックについて

記載箇所

機器仕様書  P.5  1  (5)サーバラック

質問内容

耐震工事を行う事とありますが、サーバラックに転倒防止用の固定脚の設置提案でもよろしいでしょうか。
可能であれば、現行のサーバラックにどのような耐震工事がなされているのかをご教示ください。

回答(6/4回答)

十分な転倒防止策を行っていれば可とします。
現行につきましては、ご連絡いただければ現物を確認していただけます。
 

21.費用の見積もりについて

記載箇所

実施要領  P.1  2  業務の概要  (5)予算限度額

質問内容

提供する図書館システムのパッケージ費用を賃貸借費用として見積を行うことは問題無いでしょうか。

回答(6/4回答)

可とします。
 

22.システムの運用について

記載箇所

基本仕様書P5  5-1.  (7)

質問内容

「職員の調整により運用時間を自由に設定」また、「運用監視機能を有し、無人・自動運用を可能とし」とありますが、どのような運用を想定すれば良いかご教示ください。

回答(6/4回答)

「本来の運用時間外であっても運用が可能であること」、「常に職員が監視しなくても運用可能であること」を想定してください。
 

23.資料情報について

記載箇所

機能仕様書  P2  2.貸出業務  2

質問内容

取扱区分とは、どのような用途で利用し運用されておりますでしょうか。

回答(6/4回答)

最新号・禁帯・閲覧禁止・課題図書・推薦図書・指定図書・長期延滞・特集・新着・要問合せ・非公開・その他・借用資料の区分があります。
それぞれ閲覧・貸出の禁止や、利用者向けの検索機での非表示、貸出冊数や貸出期間の変更を設定することができます。
 

記載箇所

機能仕様書  P4  2.貸出業務  67

質問内容

特別区分とは、どのような用途で利用し運用されておりますでしょうか。

回答(6/4回答)

雑誌の巻号書誌に利用しています。
TRC雑誌MARC子書誌における巻号情報の特別号(111E)を取り込み表示しています。
 

記載箇所

機能仕様書  P4  2.貸出業務  95

質問内容

配架区分とは、どのような用途で利用し運用されておりますでしょうか。

回答(6/4回答)

所蔵資料の配架場所を示すもので、業務端末、館内・館外OPAC、利用者用検索端末上で表示される配架マップと連動しています。
 

記載箇所

機能仕様書  P5  3.返却業務  18

質問内容

‘書架’とは、利用可能な状態とすることの認識でよろしいでしょうか。

回答(6/4回答)

閲覧もしくは貸出が可能な状態となります。
 

記載箇所

機能仕様書  P7  6.資料管理業務  4

質問内容

「集合・物理・構成書誌」とありますが、どのような用途で利用し運用されておりますでしょうか。

回答(6/4回答)

書誌データにおける階層の種類となります。
集合:雑誌の親書誌
物理:図書・視聴覚におけるタイトル単位の書誌、及び雑誌における巻号書誌。なお、TRC図書MARCの目次情報はこの階層に登録されています。
構成:図書・雑誌・視聴覚の内容書誌。なお、TRC雑誌MARCの目次情報はこの階層に登録されています。

24.周辺機器に関して

記載箇所

機器仕様書 2-(1)~(9)

質問内容

P2/SはPS/2の表記間違いでしょうか。

回答(6/4回答)

大変申し訳ありませんが表記ミスとなります。PS/2として扱ってください。
 

記載箇所

機器仕様書
2-(1)、2-(2)、2-(3)

質問内容

キーボード及びマウスはPS/2となっておりますがUSBタイプのご提案でも問題ないでしょうか。

回答(6/4回答)

同等ないしはそれ以上の性能を持つことを条件に可とします。
 

25.インターネット端末について

記載箇所

機器仕様書3-(4)

質問内容

印刷方法は、問題なく印刷ができれば同等の性能でもよろしいでしょうか。

回答(6/4回答)

同等ないしはそれ以上の性能を持つことを条件に可とします。
 

記載箇所

基本仕様書P.3~4

質問内容

インターネット端末(課金用)、インターネット端末(課金用制御端末)、インターネット端末(IT用)、インターネット端末(IT用)制御端末とありますが、それぞれの使用用途と現在の運用方法を教えていただきたいです。

回答(6/4回答)

インターネット端末(課金用)は利用者が商用データベースにアクセスするための端末となります。
インターネット端末(IT用)は利用者がインターネットを閲覧するための端末となります。
またそれぞれの制御端末は窓口から遠隔で各端末の電源を管理するための端末となっております。
 

記載箇所

基本仕様書P.3~4

質問内容

課金用プリンタ、印刷機とありますが、それぞれの使用用途と現在の運用方法を教えていただきたいです。また、それぞれが印刷のために接続する端末を教えていただきたいです。

回答(6/4回答)

課金用プリンタは商用データベースの印刷のために備え付けられる端末となります。インターネット端末(課金用)と接続してください。また、印刷の管理のために課金用プリンタ制御端末によって制御をおこなってください。このプリンタにはコインカウンターを設置し、利用料金を支払った上で印刷されるようにしてください。
印刷機については別途回答がありますが、申請書等の印刷を行うための機械となります。現行では他の端末とは接続しておりません。
 

26.機能の証明について

記載箇所

基本仕様書P.7

質問内容

「本市が指定する箇所に関しては、画面のハードコピーを取り機能の証明を行うこと」とありますが、実施要領に記載の通り、カスタマイズ部分のみ作成し、残りの回答部分は優先交渉権獲得後にご指示いただけるという認識でよろしいでしょうか。

回答(6/4回答)

提案の時点では今後の対応方針やカスタマイズのイメージ図を提出してください。
実際の機能等については優先交渉権獲得後に提出いただきます。
 

27.ホームページの移行について

記載箇所

基本仕様書P.9

質問内容

「図書システムの更新に伴い、図書館ホームページのリニューアルを行う。現行ホームページは1,000 ページほどあるが、新ホームページで必要と思われる400 ページの移行を行うこと。」という記載がありますが、リニューアル対象となるのは400ページ全てという認識でよろしいでしょうか。

回答(6/4回答)

基本的には移行が必要になるページが最大で400ページになると想定しておりますが、新環境においても全て閲覧ができるように移行する想定で提案してください。
 


掲載日 令和3年5月13日 更新日 令和3年6月4日
【アクセス数