Material information
【誌名】
世界 20220200      
【通巻】
   953号
【出版社等】
岩波書店 東京
【定価】
¥850
【内容】
世界の潮
【内容】
  「歴史決議」の狙い   党イデオローグと党人史家たちの共鳴
【内容】
  ドストエフスキー生誕二〇〇年のロシア   続く欧米との相克
【内容】
  京都・ウトロ地区放火事件   問われる「ヘイト犯罪」への対応
【内容】
特集<1>クルマの社会的費用
【内容】
  課題としての自動車 脱クルマ依存へ   その文脈を追う
【内容】
  クルマ社会を問い直す 緑の社会変革に向けて   『自動車の社会的費用』再読
【内容】
  正解とは? Fun to Drive?   トヨタと気候変動
【内容】
  地図が塗り替わる テスラ・ショック   モビリティ大変革と持続可能性
【内容】
  報告 電動化が引き起こす自動車産業の「解体」と「再構築」
【内容】
  本当の持ち主へ 路上を子どもたちに返す
【内容】
真実に蓋をする国家 認諾官僚たちに告ぐ。「ふざけるな」−「赤木ファイル」を読む<中>
【内容】
好評連載 デジタル・デモクラシー<第2回>Amazon帝国を包囲する
【内容】
脳力のレッスン特別篇 「新しい資本主義」への視界を拓く<下の3>「公正な分配と負担」とは何か
【内容】
手痛い教訓 コロナ禍による医療崩壊 医療・保健政策の課題
【内容】
吹き始めた新たな風 メルケル後ドイツの選択<下>新政権の「進歩」と「責任」とは何か
【内容】
新体制の課題 野党第一党に何が問われているのか
【内容】
特集<2>日本司法の“独自進化”
【内容】
  なぜ違憲判断が少ないのか 最高裁判所を「憲法の番人」として機能させるために
【内容】
  法科大学院の失敗 取り残される日本の司法
【内容】
  グローバル化のなかの司法 日本の法曹養成制度は社会の変化に対応できているか
【内容】
  報告 法務・検察行政刷新会議で何があったか
【内容】
  被疑者の権利保障 「取調べへの弁護人立会い」をなぜ認めないのか
【内容】
  冤罪を生まないために 再審制度の改革はなぜ必要なのか
【内容】
対談 心の花は残りけるぞや 佐渡の世阿弥を語る
【内容】
SEKAI Review of Books
【内容】
  香港の悲劇   植民地構造と民主化への模索
【内容】
  メロドラマ的身体と欲望の法則
【内容】
  読書の要諦 ノンフィクション テレビが「現在」であることをやめるとき
【内容】
  連載|本とチェック<第5回>企画が動き出すとき
【内容】
  新刊紹介
【内容】
リベラリズムの陥穽を超えて 対談 共振する日米の歴史修正主義−ラムザイヤー論文という事件<下>
【内容】
歴史の記憶を次世代につなぐ 頭とこころでつまずく−グンター・デムニッヒと仲間たちの「つまずきの石」<後編>
【内容】
好評連載
【内容】
  片山善博の「日本を診る」<147>政権の賃上げ政策への違和感−大事な論点が忘れられていないか
【内容】
  分水嶺U コロナ緊急事態と専門家<第7回>年末年始とオミクロン株
【内容】
  亡所考<第14回>災害伝承の内包するサバイバーズ・ギルト
【内容】
連載
【内容】
  メディア批評<第170回>
【内容】
  但馬日記<第33回>「普通の町」幻想を超えて
【内容】
  いま、この惑星で起きていること<第26回>温暖化と気の毒な生き物たち
【内容】
  沖縄という窓 「夫婦別姓制度」の導入を強く望む
【内容】
  お許しいただければ 金魚
【内容】
  原発月報 21・11〜12
【内容】
  ドキュメント 激動の南北朝鮮<294>21・11〜12
【内容】
  民話採光
【内容】
読者投句・岩波俳句
【内容】
アムネスティ通信
【内容】
読者談話室
【内容】
編集後記
【発売日】
月刊 毎月8日
【内容照会】
事実を正確に報道し日本の代表的意見を紹介するほか、現代の諸問題を世界的視野で論ずる総合雑誌。
【書誌番号】
3-0002586149
【HLDBI】
=3-0002586149
【HLDBI】
=3-0002586149

Holding information 1records
1record-1record
151301496
中央館
2022/
02/00
書架
雑誌Z4

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP