Material information
【誌名】
中央公論 20201200      
【巻号】
0134巻 第0012号
【通巻】
  1645号
【出版社等】
中央公論新社 東京
【定価】
¥864
【内容】
特集 経済大論戦 スガノミクスを占う
【内容】
  経営
【内容】
  需要喚起のアベノミクスから企業活性化のスガノミクスへ   企業と人の新陳代謝を進めよ
【内容】
  日本企業が“3カウント”を取られないための経営術   日本コカ・コーラ、タカラトミー、新日本プロレス、そして…
【内容】
  雇用・労働
【内容】
  「最低賃金引き上げ」策の狙いと負のシナリオ   アベノミクス総括から見える雇用政策の課題
【内容】
  対談 野党が「乗り移れる船」になるための対抗軸   連合会長に「リベラル保守」の論客が迫る
【内容】
  ルポ
【内容】
  菅首相の郷里・湯沢市秋ノ宮に見る地方の苦境   「地方創生」でも人口減少に歯止めかからず
【内容】
  存続、廃業、M&A… コロナ禍に揺れる中小企業
【内容】
  財政・経済政策
【内容】
  日本経済のアルゼンチン化を回避せよ   コロナ不況と巨額財政赤字の行方
【内容】
  無形の資源を守る有事の経済政策   菅政権に求められる財政支出の規模と中身
【内容】
  コロナ後は「低金利の罠」からの脱却を   時評2020
【内容】
  規制改革担当大臣に迫る
【内容】
  「脱ハンコ」から始まる日本経済再生   仮想通貨、電波オークション、ドラッグラグ…。規制改革で暮らしを豊かに
【内容】
時評2020
【内容】
  政治と専門家−何が政治に抑制を促すか
【内容】
  人類が無力に直面した二〇二〇年
【内容】
対談 菅政権発足にみるニッポンの危うい民主主義
【内容】
ナンバー2の研究
【内容】
  官房長官論   政権の黒子か総理への道か
【内容】
  私の考える「名参謀」
【内容】
  菅首相の好きな戦国武将 豊臣秀長とは何者か?
【内容】
  実務家と貴種−ナポレオンと二人の参謀
【内容】
  ビジネスで求められるのは戦略家ではない
【内容】
対談 解禁ムードの今こそ、「隙を突くウイルス」の本質を伝えよう 理論疫学のエースに訊く最新分析状況
【内容】
世界の哲学者は感染症にどう向き合っているのか? ジジェク、ガブリエル、そしてハラリら
【内容】
不寛容社会が経済をシュリンクさせる コロナ禍で深まる孤独感、同調圧力…
【内容】
「愛の不時着」に見る韓国・北朝鮮女性のリアル
【内容】
好評連載
【内容】
  スパコン世界一「富岳」の正体<2>日本の科学研究を加速するギア・チェンジャー
【内容】
  炎上するまくら<48>二〇七〇年から、こんにちは
【内容】
  地図記号のひみつ<7>ダムと堤防から見える地域の暮らし
【内容】
対談 探検家の家族はつらいよ!? サバイバルと家庭の間で、僕たちが考えていること
【内容】
対談 三島由紀夫没後五〇年にコロナ後の日本を想う 「日本すごい」ブームの転換点
【内容】
連載小説
【内容】
  蚕の王<第9回>
【内容】
  雪澱<第16回>
【内容】
グラビア
【内容】
  日本の至宝<最終回>松竹図?風
【内容】
  美しい城下町を訪ねて<12>秋田県仙北市角館町
【内容】
  巻頭特別企画 THE LEADER−戦略を語る−
【内容】
  昭和モダン建築東西勝負<3>建築家:ヴォーリズ
【内容】
連載/コラム
【内容】
  ニュースの一枚
【内容】
  深層NEWSの核心
【内容】
  音楽には物語がある<24>
【内容】
書苑周遊
【内容】
  新刊この一冊
【内容】
  著者に聞く
【内容】
  このマンガもすごい!
【内容】
説苑
【内容】
編集後記
【内容】
読者アンケート
【発売日】
月刊 毎月10日
【内容照会】
団塊世代などを対象に、世の通説・俗説にチャレンジする総合誌。
【書誌番号】
3-0002464376
【HLDBI】
=3-0002464376
【HLDBI】
=3-0002464376

Holding information 2records
1record-2record
151261328
中央館
2020/12/00
貸出中
雑誌Z4

630219442
群馬
2020/12/00
貸出中
雑誌

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP