Material information
【誌名】
新潮 20201200      
【巻号】
0117巻 第0012号
【通巻】
  1391号
【出版社等】
新潮社 東京
【定価】
¥1091
【内容】
特集 三島由紀夫没後五十年
【内容】
  創作・私の「仮面の告白」
【内容】
  下品な男
【内容】
  その一匹を殺したのは誰か
【内容】
  檄
【内容】
  お面
【内容】
  評論
【内容】
  『豊饒の海』論<1>   短期集中連載
【内容】
  平岡少年とキリスト
【内容】
  ニセモノの少女
【内容】
  「われら」への道
【内容】
  あくるとしの三十三さいたち   『定本三島由紀夫書誌』制作のころ
【内容】
母影
【内容】
行きつ戻りつ 新連作
【内容】
金木犀
【内容】
プリニウス<73>
【内容】
連載小説
【内容】
  聖都創造<5>
【内容】
  天使も踏むを畏れるところ<6>
【内容】
  曼陀羅華X 2004<10>
【内容】
  全然<16>
【内容】
  漂流<18>
【内容】
  チェロ湖<20>
【内容】
  ビッグ・スヌーズ<33>
【内容】
  荒れ野にて<57>
【内容】
第53回《新潮新人賞》応募規定 <選考委員>大澤信亮 小山田浩子 鴻巣友季子 田中慎弥 又吉直樹
【内容】
対談 「炎症する私」の文学空間 『らせん状想像力 平成デモクラシー文学論』を巡って
【内容】
未熟でねちっこい「私」と共に 三島由紀夫賞受賞記念インタビュー
【内容】
タイムトラベラーの遺言 古井由吉『われもまた天に』を読む
【内容】
みずからかすかな光を放つように 古井由吉『われもまた天に』を読む
【内容】
コロナの認識論<6>
【内容】
能十番 日英現代語訳<第5回>黒塚
【内容】
リレーコラム
【内容】
  Passage−街の気分と思考<17>
【内容】
  もしもし下北沢
【内容】
  海は見えなくても
【内容】
OH MY GOD<第15回>はい、こんにちは
【内容】
大楽必易−わたくしの伊福部昭伝<3>
【内容】
小津安二郎<5>
【内容】
保田與重郎の文学<26>
【内容】
小林秀雄<70>
【内容】
地上に星座をつくる<第91回>早池峰山縦走
【内容】
見えない音、聴こえない絵<第190回>サボテンを描いた
【内容】
新潮
【内容】
  馬を食べる
【内容】
  異物としての他者
【内容】
  ジオラマ・パノラマ・クロニクル
【内容】

【内容】
  金原ひとみ『fishy』
【内容】
  池澤夏樹『ワカタケル』
【内容】
  石井遊佳『象牛』
【内容】
  宇佐見りん『推し、燃ゆ』
【内容】
  川上弘美『三度目の恋』
【内容】
  太田靖久『ののの』
【内容】
  マーガレット・アトウッド『誓願』
【発売日】
月刊 毎月7日
【内容照会】
現代日本文学の最先端を行き、高いクオリティを追求する文芸雑誌。
【書誌番号】
3-0002462983
【HLDBI】
=3-0002462983
【HLDBI】
=3-0002462983

Holding information 2records
1record-2record
151261104
中央館
2020/12/00
予受待
雑誌Z4

630219467
群馬
2020/12/00
貸出中
雑誌

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 1 people.


▼results list
[0]TOP